「ターフカッターってよく聞くけど、どんな風に使うの?」

そのような疑問をお持ちではありませんか。

ターフカッター(エッジカッター)とは、芝生の根を切るために作られた道具のひとつです。

芝生のキワ刈りをしてきれいに整えたり、ターフカッターで芝生の根を切ったりすることで、新陳代謝を促し生き生きとした芝生を保てます。

こちらの記事では、ターフカッターの役目やお手入れする方法をお伝えします。

ぜひターフカッター使用した、お手入れ方法を参考にしてください。

ターフカッターの必要性

ターフカッターとは、芝生の根を切るために作られた道具です。

主に3つの作業で、ターフカッターを使用します。

  • 芝生のエッジ処理
  • 芝生のスライシング
  • 芝生の捕植

こちらの3つの作業は、キレイな芝生を育てるために必要なお手入れとなります。

そのためターフカッターは、持っていて損はしない道具のひとつです。

それぞれどのような目的で、ターフカッターを使うのかをみていきましょう。

エッジ処理で芝生のキワを整える

芝生の成長する時期には、短い期間で芝生がどんどん伸びるためメンテナンスが必要です。

芝生が伸びてきたら、まずは芝刈りをして葉を短く整えましょう。しかし芝刈りをするだけでは、芝生のキワの部分はきれいに仕上がりません。

そこで芝生のキワを整える、3つの方法をご紹介します。

1|芝生用のハサミでキワと整える

この投稿をInstagramで見る

芝生のDIY(@keizi1661)がシェアした投稿

「芝生用のハサミ」はコスパもよく、普段からハサミを使い慣れているため簡単に使用ができます。

またいろいろな角度で芝生をカットする場合が多いため、購入時には回転式のハサミを選ぶとよいでしょう。

ハサミは手軽で取り入れやすいです。しかし手動のため、広い範囲を刈るには不向きです。

2|芝生用のバリカンでキワを整える

この投稿をInstagramで見る

中村 誠一郎(@sei_nakka)がシェアした投稿

芝生のキワ刈りに便利な、「芝生用のバリカン」があります。

さらにバリカンを芝生のキワ刈りに使用するには、充電式がおすすめ。コードを気にすることなく移動ができ、切断する恐れもないので安心して使用が可能ですよ。

3|ターフカッターでキワを整える

 

この投稿をInstagramで見る

 

shiba_buhi(@shibabuhi)がシェアした投稿

駐車場に使用しているコンクリートの部分や、飛び石などにはみ出した芝生は、ハサミやバリカンでのキワ刈りは難しい場合もあります。

そのような場合には「ターフカッター」を使用して、芝生のキワ部分をカットしましょう。

まず芝生と障害物との境目に、ターフカッターの刃をカットしたい部分に差し込み、はみ出した芝生をカットします。

カットした余分な芝生を取り除くと、ビシッとしたきれいなエッジに仕上がります。

芝生のキワを整えるときは、ターフカッターを使用すると簡単で便利。

また細かい部分は芝生用のハサミを使うと、よりいっそうきれいな仕上がりとなるでしょう。

スライシング作業で芝生の綺麗を保つ

スライシング作業とは、定期的に芝生の根にターフカッターで、切り込みを入れる作業のことです。

芝生にスライシング作業をすると、以下のような効果があります。

  • 古い根を切ることで新陳代謝を促し新しい根が成長する。
  • 土をほぐすので水はけが良くなる。
  • 土壌の通気性が良くなり、病気予防にもつながる。

いずれも、元気な芝生を育てるための必要な作業となります!

古くなった芝生の捕植にもターフカッター

芝生の一部が枯れてしまったり元気がなかったりした場合には、新しい芝生の「捕植」をします。

「捕植」にはまず芝生の根を切り、古い芝生を剥がし新しい芝生を捕植します。古くなった芝生を剥がすときに、「ターフカッター」を使用するとよいですね。

ターフカッターの代用でシャベルや鎌を使用しても芝生の根を切れます。

ですがターフカッターはもともと芝生の根を切ることに特化した道具。そのため効率よく作業するのにとても便利です。

ターフカッターの選び方

「ターフカッターを購入したいけど、どれがよいのかわからない」

はじめて購入する場合には、種類を選ぶのに悩みますよね。ターフカッター選ぶときは、「切れ味」と「大きさ」が重要なポイントとなります。

まず、切れ味が悪いターフカッターだと、作業効率が悪くなりがちです。そのため切れ味がよいターフカッターを使用すると、効率よく芝生のメンテナンスが可能。

もうひとつ選ぶときのポイントは、ターフカッターの大きさです。購入時には、大きなターフカッターを選ぶことをおすすめしています。

なぜなら芝生のエッジを整えるなら、小さめのターフカッターでも問題ありません。

しかし数年経過した芝生の捕植をするときに、小さなターフカッターだと性能が不十分になる可能性があります。

そのため、大きなターフカッターがよいでしょう。

まとめ

芝生のメンテナンスをするときには、効率よく作業をしたいですね。芝生の根を切るには、専用の道具を使用すると簡単に作業ができます。

「ターフカッター」は芝生の根を切ることを前提とした道具です。

整えたり育てたりするときは、便利なターフカッターを使用しご自宅のきれいな芝生を整えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です