今年は、家の庭の暖地型芝生を青々と茂らせたい!
そんな夢があるのであれば、ぜひ春の芝生お手入れを頑張ってみてください。
暖地型芝生にとって、春は目覚めの季節。冬の休眠から覚めて、新芽が伸びてくる時期です。
元気な新芽を育て、青々とした夏の芝生にするための「春季の暖地型芝生のお手入れ」。
お手入れの基本と、作業ポイントについて見ていきましょう。

暖地型芝生の春のお手入れの基本

気温の高い気候を得意とする暖地型芝生、春のお手入れの基本は次の4つです。

  1. 補修・新たな芝張り(植え付け)
  2. 芝の伸びが確認できたら、芝刈りを開始する
  3. 成長を促すためのお手入れを始める
  4. 水やりは、土が乾燥したら

冬の間休んでいたお手入れが本格的にスタートするため、3月から徐々にお手入れのギアをあげていきましょう。
それでは、春に必要なお手入れの基本4つについて説明していきます。

補修や芝張り(植え付け)に最適

枯れてしまった部分、新たに芝生を張りたい(植えたい)部分には、春が最適。
3月の暖かくなってきたころから5月までに、補修・芝張り(植え付け)を行いましょう。
春に補修・芝張り(植え付け)をする理由は、暖地型芝生がゆっくりと成長をスタートさせる時期だから。
成長が始まる時期と合わせることで、自然と土に根付くことができるのです。
確実に活着させるため、新たに芝張りした部分には2週間ほど水やりを欠かさないようにしましょう。
なお、張ったばかりの芝生には、あまり足で踏まずにお手入れをしてくださいね。根張りまではそっとしておくことで活着がスムーズに完了し、結果的に早く芝生を楽しめるようになりますよ。

4月ごろから、春の芝刈りをスタート

暖地型芝生は、4月以降に芝の伸びが活発になってきます。
芝生の伸びを確認できる4月ごろから、芝刈りをスタートさせましょう。
この時期に必要な芝刈り頻度は、2週間に1回から1週間に1回ほど。
5月にかけて、週1回ほどのペースに持っていけるように、芝刈りをしていきましょう。
芝生のお手入れの基本中の基本が、芝刈りです。
密な青い芝生にするために、春の芝刈りを欠かさずに行いましょう。

春は成長を促すためのお手入れを

成長を促すためのお手入れとは、次のとおりです。

  • 施肥
  • 目土入れ
  • エアレーション

密で青い芝生にするためのお手入れは、春に行うのが最適。
それぞれ、基本のお手入れ方法を説明していきます。

施肥

3月から開始します。
固形肥料を均等に撒いていき、散布後にはしっかりと散水しましょう。
その後は、1,2ヶ月に1回ほどのペースで施肥を行います。
肥料の説明を必ず確認し、適切な量と頻度を守って使用してください。

目土入れ

芝生が薄くなっている場所に、目土を入れます。4月ごろに行うとよいでしょう。芝生は土のある部分に生えますので、芝生を増やして密度を上げられる目土入れは大変重要な作業です。
特に、土が固くなり芝生が生えられない部分には、後述するエアレーションと合わせて目土入れをすると効果的です。

エアレーション

エアレーションを行うには、生育が活発な5月が最適です。
6月の梅雨前に土壌の通気性をよくするためにも、この時期に済ませておきましょう。
ローンスパイクやエアレーターなどを使用して芝生の土に穴を開け、土壌の通気性や芝生の発根を促進させましょう。
その後の芝生の成長度合いが変わり、ワンランク上の芝生づくりができますよ。

春の芝生の水やり

春の暖地型芝生には、乾燥がひどいと感じた時に散水すれば大丈夫です。
4月以降の20度を超える日が続いてきたら、極度の乾燥状態に陥らないように水やりをしましょう。
葉がチリチリ・カサカサする、土が乾ききっている、といった状態であれば水やりが必要です。

ポイントと注意点

春の暖地型芝生のお手入れでは、以下のポイントに注意してください。

  • 害虫の対処を早めに行う
  • 雑草は見つけたらすぐに抜く
  • 庭に出るときには、芝生の様子を観察する。

これらのポイントを意識することで、夏以降トラブル知らずの芝生を育て上げることができます。
詳しく見ていきましょう。

害虫の対処を早めに行う

春は、害虫が活発になる季節です。
特に5月は、芝生最大の害虫である「コガネムシ」「ツトガ」の最盛期。
成虫の飛来を頻繁に見るようであれば、薬剤を撒くなどの対策を行いましょう。

雑草は見つけたらすぐに抜く

4月から、雑草の量が急増します。
雑草は、大きく育つまで放っておくと、根をのばし種をつけどんどん増殖してしまいます。
極力薬剤を使用しなくて済むように、早め早めの草取りで対処していきましょう。

芝生の様子を観察しよう

芝刈り時や日頃庭に出た時には、必ず芝生の様子を観察し、異変が起こっていないかを確認するように癖づけましょう。
春には、害虫だけでなく病気の被害に見舞われることがあります。
暖地型芝生は性質が強いものの、注意はしておきましょう。
特に、部分的に枯れている、葉色が黄や茶になっているといった場合は、病害虫の可能性があります。
早めの気付きで、症状を広げないように気をつけましょう。

まとめ

春の芝生は目に見えて生き生きと成長していくため、世話をしていてとても楽しい時期です。
冬はあまりお手入れがなかった分、いきなりやることが増える印象もありますが、暖かくなるにつれて徐々にお手入れを増やしていけば大丈夫。
この時期に世話をしたことが、もっとも青々と茂る夏にしっかりと実を結びますよ。
新たな1年を迎えた芝生の成長を楽しみながら、春のお手入れをしていきましょう!